Top > メモ_BoostLib

boostのSnow Leopardでの利用方法まとめ

  • bjamをmake
    • $BOOST_ROOT/tools/jam で "sh build_dist.sh" を実行
    • src/bin.macosxx86_64/bjam ができるので bjamを /usr/local/bin などへ移動
  • Boost.Buildをダウンロード
    • http://prdownloads.sourceforge.net/boost/boost-build-2.0-m12.tar.bz2
      • /usr/local/boost-build などに展開
      • /usr/local/boost-build/user-config.jam もしくは site-config.jamに"using darwin ;"を追加
    • /usr/local/boost-build/tools/darwin.jam から
      • コメントアウト#flags darwin.compile OPTIONS : -Wno-long-double -no-cpp-precomp ;
      • 追加 flags darwin.compile OPTIONS : -no-cpp-precomp ;
    • cd /usr/local/boost-build/example/hello ; bjam でサンプルをコンパイル
  • ここまでのはちょっと遠回りだったような。。。
    • 適当な場所に展開(その場所を <path> とすると、<path>/boost_1_42_0 を g++ -I の対象にする。)
    • # sh bootstrap.sh
      • -n Building Boost.Jam with toolset darwin... tools/jam/src/bin.macosxx86_64/bjamとなればよし。
      • bjamのbuildで失敗する事があるみたい。
    • ./bjam
    • これだけ。

その他システムの場合

  • Boost & Boost-jamのダウンロード
    • htp://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=7586
    • D:\boost_1_xx_xにboost_1_xx_x.7zとboost-jam-3.x.xx.x-ntx86.zipを解凍
    • D:\boost_1_xx_xにbjam.exeという実行ファイルができているはず
    • PromptでD:\boost_1_xx_xに移動して以下を実行

Windows / VC++ Express 2008

D:\boost_1_xx_x>bjam.exe --toolset=msvc --prefix="C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\VC" install

prefixにVC++2008がインストールしてあるディレクトリを指定(空白が含まれる可能性があるので""で囲むこと)
prefixに指定しない場合はC:\Boostにインストールされる。

Windows / VC++ Express 2005

D:\boost_1_xx_x>bjam.exe --toolset=vc-8_0 --prefix="C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8.0\VC" install

prefixにVC++2008がインストールしてあるディレクトリを指定(空白が含まれる可能性があるので""で囲むこと)
prefixに指定しない場合はC:\Boostにインストールされる。

Windows / Borland C++

D:\boost_1_xx_x>bjam.exe --toolset=borland --prefix="C:\Program Files\Borland\CBuilder6" install

Linux / gccの場合

Linux / Intel Compilerの場合

boostとboost-jamをダウンロード

%tar-xzvf boost-jam-3.1.12.tgz
%cd boost-jam-3.1.12
%./build.sh intel-linux
%tar zxvf boost_1_3_1.tar.gz
%cp boost-jam-3.1.12/bjam boost_1_33_1
%cd boost_1_33_1
%./bjam "--prefix=/home/foo/local/boost" "-sTOOLS=intel-linux" "-sINTEL_PATH=/opt/intel_cce_80" install > installresult.log

リロード   新規 下位ページ作成 凍結解除 差分 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 11 May 2010 09:05:30 JST (2753d)