Top > 04_T.Yamada

T.Yamada

研究テーマ

ゲームプログラム開発環境

統合型3Dマップエディタ

編集 7/14
セルに対するテクスチャのタイリングを実装
編集 7/20
テクスチャのタイリング タイリングのアルゴリズムを強化
編集 7/28
オブジェクト(キャラクターや障害物)の配置をどう編集するべきか考察中
編集 8/4
ビットマップを読み込んでオブジェクトの配置を確認できるだけに変更
現状は、ペイントソフトでビットマップを編集することで配置を編集できる
(今回のTGSのゲームは、もう一人のプログラマがビットマップを配置データとして利用している)
配置の編集は後に考察
編集 11/20
風邪が治る
TGSは無事終了
11/5にUnreal Engine3.0が学術研究用に一部公開された模様
ゲームのコリジョン検出等の情報を持った3DCG制作に特化された開発環境のようで、
今後さらにツールや環境を学ぶなら、動向に注意するべきと感じる。
編集 1/21
Unreal Engineすごかった
 

研究メモ

XNAでシェーディングを勉強中(HLSL)

今後の予定

プログラムメモ

10 1/21 開発環境、ゲームエンジンを示して、ゲーム制作の助けになるような論文を目指そう

XNA

Direct-X

OpenGL


リロード   新規 下位ページ作成 凍結解除 差分 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 21 Feb 2010 20:28:44 JST (2830d)